【例文あり】マッチングアプリでLINE交換するべきタイミングと交換後のコツ

メッセージを送る女性

この記事を書いた人

ペアフルコラム編集部

ペアフルコラム編集部

恋活マッチングアプリ「ペアフル(pairfull)」を運営。編集部の豊富な経験をもとに、恋愛に役立つ記事を掲載していきます。

「マッチした相手とLINEでやりとりしたい..」

「LINEはどのタイミングで交換すればいい?」

マッチングアプリで仲良くなった相手とLINEで連絡をとりたいけど、どのタイミングで交換するべきか悩みますよね。

タイミングを誤ってしまうと関係性が悪くなったりするので、慎重にいきたいもの..。

そこでこの記事では、LINEの交換をするためのベストタイミングや成功確率が上がる初回メッセージのテンプレをご紹介!

他にも、LINE交換のメリット・デメリットやLINE交換後のメッセージのポイントなども記載しているので、マッチングアプリのLINE交換について参考にしてください。

目次下

LINE交換のメリットとデメリット

LINE交換をする前に、まずはメリットとデメリットを知っておきましょう。

メリット:より親しくなれる

LINE交換するメリットは、相手とより親しくなれることです。

LINEを交換したという事実は互いに警戒心が解けている状況なので、マッチングアプリ上よりも一歩踏み込んだ会話ができます。

また、既読機能やスタンプなどLINEならではの機能を利用できるため、コミュニケーションの幅も広がることでしょう。

さらに、LINE電話やテレビ電話を使って、相手との距離を縮めることもできます。

もっと仲良くなりたい!と思った相手とはLINEを交換して、より親しくなりましょう。

デメリット:自分の気持ちが冷めたら面倒臭くなる

LINE交換するデメリットは、自分の気持ちが冷めた際に面倒になる可能性があります。

相手からメッセージがきてもスルーをすれば問題ありませんが、粘着気質な相手だと、スルーしても連絡をしてきたり、電話をかけてきたりします。

もし、相手に気持ちがなくなったら、ブロック機能を利用しましょう。

LINE交換のタイミングはデートの前日【初回メッセージテンプレあり】

LINE交換はデート前日

失敗しないLINE交換の最適なタイミングは「デートの前日」です。なぜデートの前日だと成功確率が高いのか、初回メッセージテンプレも合わせて紹介していきます。

デートをする関係なので断られにくい

デートの前日のLINE聞き方例
では、〇日〇時に〇〇駅待ち合わせでお願いします!
スムーズに連絡取れるようにLINE交換しておきませんか?

女性とLINE交換をするベストなタイミングは、デートの前日です。デートが決まった後であれば、デートを了承してもらえるくらいの間柄であるため、断られる可能性は低くなります

ただし、中にはLINE交換は実際に会ってからなど、好意があっても自分の中でルールを決めている女性もいるので、交換を断られたらその場はすぐに諦めましょう。交渉を粘るのは、嫌われる可能性があるので厳禁です。

当日に連絡を取るためという理由付けもできる

デートの前日にLINE交換をお願いするのがおすすめな理由は、LINE交換をする理由付けができるからです。

デートの前日であれば、当日に待ち合わせ場所の確認でスムーズに連絡を取るためや、当日現地で道に迷った際に、LINE通話で即座に対応できるメリットもあるので、女性側もLINEを交換する理由として十分納得できる動機になります。

理由付けがあると良い理由は、理由もなしにLINE交換することを警戒する女性が多いためです。理由がないと「LINE情報を収集する業者…?」と疑われてしまう可能性があります

ペアフル編集部
ペアフルコラム編集部
理由もなしにLINE交換に応えてくれる女性は、マッチングアプリに慣れているか、男性への警戒心が低い女性だけではないでしょうか?

デートの約束前はLINE交換NG

早期にLINE交換はNG

男性は、なんとなくLINE交換を早くしたくなりがちですが、LINE交換をデートの約束前にお願いすると実はデメリットがあります…!

LINE交換を断られることで自然消滅しやすい

早期にLINE交換を頼むと断られてしまいやすく、断られることで気まずい空気になり、メッセージが続かなくなり自然消滅してしまう可能性が高いです。

マッチングアプリのメッセージが無制限になる有料会員の期限が終了間近でなければ、男性側がLINEに移行するメリットは特にないため、急いでLINE交換をする必要はありません

仮に交換できてもメッセージが続きにくい

アプリ内でメッセージをする際は、相手のプロフィールを見て話題探しをするでしょう。仮にLINE交換を早期にしても、相手のプロフィールを見なくなるので、話題探しに疲れてしまい、メッセージが億劫になるデメリットがあります

仮に、自身が相手のプロフィールをマッチングアプリで見たとしても、LINEに移ることで相手が自身のプロフィールを見なくなり、相手がメッセージに億劫になってしまう可能性もあります。

そのため、LINE交換のタイミングには注意しましょう。デート前日のLINE交換であれば、前日は連絡事項だけを送れば良いですし、デート以降は相手のことを少し理解できているので、メッセージで困ることはほとんどありません。

LINE交換を女性が断る心理

LINE交換を女性が断る心理

よく知らない人に教えたくない

女性に限った話ではありませんが、LINEはリア友や家族など、親しい人間しか登録していない人が多いです。そのため、メッセージを重ねて、「この人とならLINE交換しても良い」と思われるように、ある程度の信頼を得る必要があります。

マッチングしたとはいえ、会ったこともない男性が急に「LINE交換しよう」と言うと、警戒されるのは当然のことです。やりとりの中で自分がどんな人なのかを伝える努力をしましょう。

会うかどうかわからないのに教える必要がない

マッチングアプリの利用者は恋人や結婚相手を探すことを目的にしているので、実際に会いもしない人とLINE交換しても意味がありません。そのため、少しでも会いたいと思ってもらえるように話しを盛り上げましょう。

マッチング後は、簡単な自己紹介からを始めとし、趣味の話しや仕事の話しをすると相手も返信をしやすいです。相手が会うかどうか決めかねている状況でLINE交換をするのは難しいと覚えておきましょう。

LINE交換を断られたらデート中に再挑戦

デート中にLINEを聞く

LINE交換をデート前に断られてしまった場合は、デート中に再度挑戦してみましょう。女性の中には実際に会うまでLINE交換はしないと決めている女性もいるので、デート前にLINE交換を断られても、デート中にLINE交換ができます。

一度断られたからといって、「嫌われた」と決めつけるのはまだ早く、少なくともデートができるくらい相手はあなたに好印象を抱いているので、デート中にLINE交換をもう一度提案してみましょう。

ペアフル編集部
ペアフルコラム編集部
デート中の話題の一つとしてLINE交換をお願いしてみましょう!ちなみに私はデート中のLINE交換を断られたことはありません。

LINE交換後にメッセージを続かせる3つの方法

LINE交換をしたものの、「メッセージが続かない」ことはよくあります。ここでは、メッセージを続かせるためのポイントを紹介していきます。

メッセージの返信頻度を相手に合わせる

メッセージをする際は、自分の都合ですぐに返信をするのではなく、相手に合わせて返信しましょう。

LINEを日常的に使っていると、相手からメッセージが来たらすぐに返信をしたくなりますが、しつこいと思われる場合があります。

例えば、相手が1日2回程度しか返信をしなければ、こちらも1~2回に合わせるのです。

LINE交換をしているとはいえ、まだまだ互いに様子見状態。お互い負担をかけずにメッセージをやりとりすることが、メッセージを続かせる秘訣です。

スタンプや(笑)など癖を相手に合わせる

LINEはマッチングアプリと違い「スタンプ」や「顔文字」が豊富なので、相手に合わせて使用しましょう。

心理学的には共通点が多いと相手を好きになる傾向があるので、無理のない範囲で合わせていくことがポイント。

例えば、

  • ・スタンプの趣味を合わせる
  • ・wを(笑)にする
  • ・顔文字を使わない

などです。

ただし、突然合わせにいくと相手に違和感をもたせてしまうので、「LINE交換後はまだスタンプを使わない」など無難にメッセージを送りましょう。

趣味などの共通点の話題で会話する

会話が盛り上がらければメッセージが途絶える可能性もあるので、盛り上がりやすい趣味などの話題をしましょう。

特にLINEを交換した直後では、会話をしてて楽しいと思わせることがコツです。

心理学では「初頭効果」といって、最初に与えられた情報のインパクトが大きく、その情報が長期に渡って引き継がれ、後に影響する効果があります。

最初に楽しいと思わせれば、この人とのLINEは楽しいと感じてくれてメッセージが続くでしょう。

マッチングアプリ「ペアフル」で恋活しよう!

恋活マッチングアプリの「ペアフル」は、自分と同じ趣味で相手を探せるマッチングアプリなので、恋活がスムーズ!

趣味が同じなので、メッセージ中はもちろん、出会ってからも話題に困りません。

女性も男性もメッセージ無料なので、ペアフルで新しい恋を探しましょう!

ペアフルをはじめる(無料)



関連記事

もっと見る